(大学受験の勉強)音楽やテレビを見ながら勉強してもいい?

近年では、外科手術の際に、手術室に医師好みの音楽が流されると言ったのをご存じの方もも少なくないことでしょう。ドクターの好みにより、クラシック(モーツァルトやベートーヴェンといった西洋の古典的な芸術音楽をいうことが多いでしょう)だったり、ポップスであったり、場合によると、ハードロックの事もあるようですが、人の命を左右する手術の現場で、音楽(様々なジャンルに分類されており、人によって好ましいと感じる音楽は畭なります)が使用されているのです。また、野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)や花を育てるのに、音楽(西洋音楽では、リズムとメロディー、そして、ハーモニーの三つの要素が重要視されているようです)を聞かせると良く育つ、あるいは、曲によっても成長が悪いというような話も知っている人が多いと思います。音楽(様々なジャンルに分類されており、人によって好ましいと感じる音楽は畭なります)が勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)や作業の邪魔になるとされていた時代もあるようですが、現在では、モチベーションを保ったり、精神的に余裕を与えたり、神経を集中させる為に、むしろ積極的に利用されているのです。同じように、以前から受験勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)の時にラジオを掛けている人が多かったようですが、これは眠気をさえぎる目的・ちょっとした娯楽を取り入れることにより精神を持続させる目的・時々流れる音楽で精神的に刺激を与える目的で使用されていたのかもしれませんね。当然、そんな事を意識的にいた訳ではないでしょうが、結果的にはそうなってしまうと考えられています。しかし、テレビとなると話は全く違いるでしょう。では、音楽やラジオと、テレビでは何が違うのでしょう?それは、視覚(明るさ、色、形、位置、動きなどを主に識別しているといわれています)刺激です。ラジオや音楽(西洋音楽では、リズムとメロディー、そして、ハーモニーの三つの要素が重要視されているようです)の場合は、聴覚(年を取るのに伴って、可聴域が縮小していき、高い周波?の音から聴き取れなくなっていきます)から入る刺激だけですので、勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)への集中を邪魔行うケースがないのです。でも、TVであれね、視覚(ほとんどの人は視覚情報に頼って生活していますね)刺激が中心となります。TVに背をむけていても、気になってつい見てしまったり、夢中になってしまい、勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)への集中力が遮られてしまう為、TVはやめた方がいいでしょう・管理人のお世話になってるサイト>>>>>スタディサプリ 受講効果